水産土木チーム

サイトマップ

設立趣旨

ホーム >設立趣旨

ごあいさつ

このたび、厚田出身の栄誉村民で創価学会第2代会長の戸田城聖氏による平和への貢献と、同じく栄誉村民で作家の子母澤寛氏による文学への貢献を、それぞれ顕彰するために「厚田ふるさと平和・文学賞」を設立することになりました。

具体的には、「戸田城聖平和賞」並びに「子母澤寛文学賞」「愛猿記賞」を創設し、優れた作品にそれぞれの賞を贈呈させていただきます。

(詳細は、「各賞について」と「募集要項」の説明をご覧ください。)

旧厚田村が石狩市と合併して石狩市厚田区としてスタートして昨年(2015年)9月で10年目を迎えました。深刻な問題として全国に広がっている少子高齢化の波は、厚田区にも押し寄せています。

厚田区には、地元住民が中心となって地域の一層の発展のために立ち上げたボランティア団体が7つあります。

私たちの平和・文学賞の活動も、7団体の人たちと思いは同じであり、厚田の地域活性化につながることを願っています。

その7つのボランティア団体の一つに、「『北の海』厚田アクアレール水彩画展」があります。

アクアレールとは、フランス語で水彩画の意味です。子母澤寛氏や戸田城聖氏が育った厚田の原風景は、美しい夕陽の沈む日本海でした。

その海をテーマに掲げた水彩画展を隔年に実施しているのがアクアレール実行委員会です。

今回、設立された「子母澤寛賞」と「愛猿記賞」の受賞発表は、この厚田アクアレール水彩画展と交互に隔年で実施していくことになります。

2018年6月には、厚田区内に複合施設「厚田道の駅」が完成する予定です。ますます厚田を訪れる人たちが増え、一段と賑わっていくことが期待されます。

ここ厚田の地から、世界平和実現への願いと、新しい文学の創造のうねりを起こしていきたいと決意しています。

2016年6月1日

「厚田ふるさと平和・文学賞」実行委員会
佐藤  勝彦
会    長
片平  一義
事務局長

会長 佐藤勝彦

各賞について

石狩市厚田区には、地域の人たちが誇りとする地域の先達がいます。

作家の子母澤寛氏、創価学会第2代会長の戸田城聖氏、第43代横綱の吉葉山潤之輔氏、鰊漁で成功を収めて北海道会議員を務めた佐藤松太郎氏の4人で、創価学会インタナショナル会長の池田大作氏と同じく「厚田村栄誉村民」の称号を贈られています。

このたび、厚田出身の4人の栄誉村民のうち、戸田城聖氏と子母澤寛氏の2人に光をあて、戸田氏の平和への功績を顕彰するとともに、広く “平和を考える” 意識を涵養するために「戸田城聖平和賞」と、子母澤氏の文学への貢献を顕彰するとともに、新たな文学の創出を目指す、「子母澤寛文学賞」「愛猿記賞」を設立することになりました。

各賞の詳細は、右記の各賞リンクをご参照ください。

「平和賞」詳細はこちら>>

「文学賞」詳細はこちら>>

賞 選考委員

選考委員長
佐藤  勝彦
札幌大学名誉教授、子母澤寛研究者
選考委員
吉田  悦志
明治大学図書館長・教授、学術博士、子母澤寛研究者
丹羽  秀人
現函館市中央図書館館長・前石狩市民図書館副館長、司書、子母澤寛研究者
森     厚
農民文学賞作家
清水  千晴
石狩市民図書館副館長、司書